×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

レスポート サック バッグの歴史

レスポートサック(LeSportsac) バッグは、1974年にアメリカ合衆国のニューヨークで誕生したブランドです。
レスポートサックのバッグの第1号製品は、ニューヨークの小さな工場で制作されたのです。それは、たいへんシンプルなデザインのダッフルバッグでした。
1974年後半になると、ニューヨークのグリニッジ・ビレッジにレスポートサックの初めてのショップが開店しました。
それから、1976年にはレスポートサックの原点となるトラベルシリーズが発表され、その後もレスポートサックは、次から次へと新しいシリーズが展開されています。
レスポートサックのバッグは、いろいろな種類のプリント柄で、軽くスポーティで、買いやすさと耐久性を兼ね備えたコンテンポラリーなファッションバッグとして、女性にたいへん人気です!
レスポート サック バッグは、「形は機能に従う」という哲学に基づく“知的なデザイン”で、大型のボストンから、小さなキーポーチまで幅広いラインナップは、男女を問わず愛される訳のひとつでもありますね。
レスポートサックならではのいろいろな種類のバリエーションで、目的に応じてサイズやデザインを選ぶことが出来るのがいいですね。
レスポートサック バッグは、限定商品も多いので、お気に入りの製品を見つけたらすぐ購入したほうがいいですね!

スポンサードリンク

レスポートサック バッグ のご紹介

レスポートサック(LeSportsac)は、1974年、ニューヨークで誕生しました。 日本では「レスポ」の愛称で親しまれています。 
レスポートサックは、軽くて丈夫なパラシュートクロスを使用したバッグで、価格もお手ごろの値段です。
機能性に優れていて収納力もあり、何より軽いので持ち運びにたいへん便利です。
レスポートサックのバッグには小さなポーチがついているものが多く、利用者にとってはありがたい心遣いですね。
レスポートサックのラインナップは、大型のガーメントバッグなどから小さなポーチ、コインケースまで種類は、豊富です。。
レスポートサックならではの、いろいろの種類のバリエーションで、目的、用途、年齢、男女を問わず、様々なシーンにあわせて選ぶことができるので嬉しいですね。
バッグの中に必需品のキーケースやポーチなどいれて、レスポートサックでトータルコーディネートすると楽しいかもしれません!
レスポートサックのバッグには、仕切やポケットがたくさんあり、マチも多いのですっきり収めることが出来ます。また、素材が丈夫で軽いので、重い荷物も軽々と運べます。
私が旅行をするとき、国内外問わず、レスポートサックのバッグを必ず持って行きます。バッグに収納用の袋のミニバッグが付いているので、かなり便利!です。

レスポート サック バッグのデザイン

レスポート サックバッグは、オールシーズン使えるものが多いけれど、デザインやカラーで「この季節にお似合い!」っていう製品もあります。
毎年4月から9月が春夏物で、10月からが秋冬物になっています...。
レスポートサックのバックで、ブラックや、茶系の濃い目のものなどは、やはり秋冬っぽい印象があるし、ピンク、ブルー系、白だったり、鳥や花などの柄はやっぱり春に持ちたいですよね。
クローゼットの中も季節によって変えるように、レスポートサックのバックも季節感のあるものを、すぐ手にとれる場所においておきたいものです。
レスポート サック バッグは、シーズンによって20種類ほど、年間で80種類の新デザインが誕生します。
今持っているレスポートサックのバッグが下手をすると、どんどん古い流行になっちゃうということもありえます。
新作が出るたびに買わないと、レスポート サック バッグは、なんだか流行から取り残された気分になってしまうのです。
レスポート サック バッグを一度好きでファンになってしまうと、きっと収集家のようになってしまいます!
種類も豊富で、価格もお手ごろ値段なので、ぜひ集めてみてはいかがですか?

Copyright © 2007 レスポート サック バッグ